安全かつ
スムーズな運航を、
裏方として支える。

航務部

2019年入社 外国語学部卒

Hiromi Ida 井田裕海

MY STEP

入社前

幼いころから英会話教室に通っていました。外国語大学に進学したこともあり、世界中の人々を相手にした仕事がしたいと思っていました。

1年目 〜 現在

航務部の配属となり、受託航空会社さまのオペレーション業務を担当。スポットコントロール業務やフライトコーディネート業務を行っています。

WORK 私の仕事

現在、航務部でオペレーション業務を担当しています。オペレーション業務は多岐にわたり、たとえばフライトプランの手配では、航空機の機体番号や飛行ルートなどが記載された「フライトドキュメント」といわれる書類を、コックピットにいるパイロットに持っていきます。手渡しだけでいい場合もあれば、クルーの前での説明を求められる場合もあり、受託航空会社さまによって対応を変えなければならないため、対応力が必要になります。
他にも、航空機の到着時間にあわせて駐機ゲートを調整・変更する「スポットコントロール」や、お客さまの搭乗や荷物の搭載の状況を見計らったうえで、適切な出発時間を案内する「フライトコーディネート」といった業務があります。
それぞれの業務が航空機やお客さまの安全とスムーズな運航を担っているため、裏方ではありますがとてもやりがいのある仕事だと感じています。

MY STORY 印象に残るエピソード

学生時代、野球部に所属し、セカンドを守っていました。セカンドは打球の処理が難しいうえに守備範囲が広く、常に適切な状況判断が求められるポジションです。今の仕事でもイレギュラーが発生した際、冷静な対処ができているのは、当時の経験があるからかもしれません。
たとえばこんな経験があります。航空機は空港に到着すると、次のフライトに向けて必要な燃料を申告することになっています。オーストラリアの航空会社はタブレット端末で申告を行うことになっていたのですが、端末が故障してしまったため、私が現地まで走ってパイロットに直接確認することに。焦りもありましたが、とにかく冷静になることを心掛け、なまりの強いオーストラリア英語をなんとか聞き取り、フライト遅延の危機を回避できたときはほっと胸をなでおろしました。

VISION 私の未来

この仕事はとても責任の重い仕事です。小さなミスが大きな事故につながりかねない。慣れることの恐ろしさを肝に銘じ、常に自分を疑いながら、そしてしつこいくらいに上司に確認しながら、目の前の業務に取り組んでいます。
今は受託航空会社さまのオペレーション業務を担当していますが、日本航空便の仕事にも携わりたいという思いが私にはあります。
また、パイロットと管制官の無線通信を確認して現場に指示を出すセクションにも興味があり、無線通信の様子を収録したYouTube動画を仕事半分趣味半分の感覚で見続けています。将来的には海外の空港でも働いてみたいですし、成長を重ねがなら自分の可能性を広げているところです。

schedulE とある1日のスケジュール

  • 7:30 出社
  • 8:00 フライトプランの準備
  • 12:00 休憩(昼食)
  • 13:00 フライトドキュメントをコックピットにデリバリー
  • 15:00 フライトスケジュールの変更処理等
  • 16:30 退勤

TOP - 社員紹介 - 井田裕海